スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金銀砂子



金銀砂子について。
非常に独善的で共感性の低い話です。主要キャラも物語も。
むしろこんなに需要の低いだろうものを描かせて頂き単行本にして頂いて、有難くも申し訳ないきもちになったというか。(いえ有難うございます本当に)

ですが、
それを需要があったと、なにかにふれたり時には必要だったとさえ言ってくださるお手紙やメールやコメントを頂く事が時折あり、
そういった時のありがたさは、
描けてよかった、この雑誌でこういう形で描かせて頂けて、そのひとに繋がるきっかけが偶々あり、手にとって頂けてなにかを届けられたかもしれないということ、に至るすべてにひたすら深謝するしかないきもちになります。
ありがとうございます。
赤色魔法もこの本も、わたしやこの物語たちが頂くにはあまりに大事な言葉を頂きました。
ほんとうに、ありがとうございます。
こんなにささやかな仕事をしても、だれかの人生にふれる瞬間があること、それをそのひとが伝えて下さったこと、すごいことだなと思います。
感謝します。

*******

ついでに言えば。
2人の共依存を描きたかったことと。
あと、犬目と銀山は、芭蕉と果実の逆説としてのあの性質づけであり、彼らの性質や言動の方により人間としての説得力があるかというと特にそういう意図ではありません。
(むしろ粥のとことかは、じいちゃんいいこと言うがそれじゃ物事は目標まで達しないんじゃねとか個人的にはつっこみつつ描いたような気が。ははは・・・。すいません・・・)
ただ、
犬目や銀山の側の物語は多くあるように思うのに、芭蕉や果実側の視点の物語はあまり見かけないように思ったので、(私が人生で読んだものの範囲が非常に狭く知らないだけなこともあると思いますが)どうしてかなーと疑問で少しだけ不満に思いつつ思春期のまんが人生を送ったような記憶があったんで、そういう人達の側の視点の物語が描きたかった。んでした。
まっとうで健康な人の視点の話が多いなら、まっとうじゃなくて健康じゃない思考の人の視点の話描きたいなあ。ていう。

いや、でも、中二ジャンルというくくりで探せばそういえば膨大にあるだろ、と、今はっとしたけど。
あと、そりゃそうだまっとうな視点が多くて当たり前だーと今ならわかりますけど。(´▽`)ははは・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ありがとうございます。
返信が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
金銀砂子、拙い作品ですが気に入ってくださってとても嬉しいです。
カバー下の後日譚が、一応その後のエピソードとなります。
他には続編などはありませんが(昨年出したオリジナル同人誌に犬目の漫画が一枚あるくらいです)
機会があれば描いてみたいなとは思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

赤夏

Author:赤夏
まんがのこととかお知らせとか。
何かありましたらこちら。
tarotya☆hotmail.co.jp(☆→@)
twitter→@akasasimi
pixiv→http://www.pixiv.net/member.php?id=1504789

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。